2011/05/25 13時 企業の災害対策BCP作成セミナー3時間

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 震災への備え、些細なことから具体的に始めましょう  含:現地視察報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□このセミナー、震災に具体的に備えたいと思っている方に提案します. 
  些細な 具体的な備えから人命や企業情報を守れることも あり得ます.
  
 ○このセミナーの講師、3月11日のその時、山形の中堅メーカーで事業継
  続計画(BCP)の指導中でした.正に「まさかの時」に備える指導中の
  大きな揺れと停電.しかし、誰も動揺はありませんでした. このサイト、
  お確かめ下さい.→  /blog/?p=124

  もう一点。講師、4月11日から6日間、被災地へ出向き、ボランティアの
  方々に心構えとノウハウを伝授してきました.(  阪神淡路大震災時、
  3ヵ月間 神戸の公立中学でボランティア・リーダーを行ない、後、防災の
  勉強をされました ) 5月にも出向かれるそうです、被災地へ.

 ◎セミナー開催目的 竏秩@根性論で事業所は守れません. 最小限のスキルと
            心構えを知り、具体的に備えて下さい. 後悔しないために.

 ●震災後、早期復興が出来るよう、これだけは!

  A.震災は起こり得ること.小さな事業所・ご家庭でも備えておくべきこんなこと. 

  1.オフィスで 自宅で 車の中で地震が起きた時、何をするかを想定しておく.
    (初動を決める). すると次の行動に移りやすい. 机の下に潜ったとき、
    何があれば有効か? 帰宅難民とならぬよう、事業所長は毛布や水を
    どれだけ備えているか? 安否確認と情報伝達の方法、決め方の要点.

  2.経営者が腹に入れておくこと 竏秩@顧客からの信用を守る( 簡単な準備
    があるだけで天と地の開き ) 従業員の雇用を守る( 復興しやすい体
    制があれば可能です ) 地域経済の勝活力を守る ( あるauショップ.
    大きな社会貢献をされました. 講師の助言を受け容れて. たぶん、
    地域の人命も守られていたはず. どんな備えをしていたのか?)

  B.人命を守り、事業を継続するための講師の体験からの具体策披露

  1.停電時にUPS(無停電電源装置)に何を接続すれば最も有効か?
  2.IT情報の守り方 バックアップ復旧訓練 ※必ず行なって下さい.
    夏までには 誰が何人でどう守るかを決めておく その他留意点公開

  3.初動対応マニュアル作成の要点 竏秩@災害直後の動ける仕組み

  4.BCP作成のための事業分析リスク評価とインシデント対応
    影響を受けやすい業務プロセスを分析し明文化、重要業務の決定
  5.災害をイメージしての仮想机上トレーニングの方法 
                         竏註コの大きい人の重要な役目 
 
 ※天変地異を恐れていても意味はない! 備えて、動いて、命と事業を守り
  抜け! ( 講師、4月に被災地視察しました.その報告も行なって頂きます)
   
 □講師について 山口泰信(たいしん)氏 ㈱山口総研 代表取締役
  26歳時、阪神大震災発生の2日後に「俺にも何かできないか」と現地
  入り.2300人が避難していた神戸市立神戸生田中学でボランティア・
  リーダーに.

  これ以上ない散らかり様の中での3S活動(救援物資の在庫把握を含)
  余震対策・夜回り警備など、復興に向けてのサポートを3ヶ月間行なう.
  避難所取材・神戸市長との対談も含め、メディアにも多く採り上げられた.

  http://www.casttv.com/video/dpt19j/2-video ← クリック願います

  後、実業界に復帰後も人命と企業経営の危機管理を独自に研究、
  防災危機管理の講演や指導で東奔西走. 西宮市伏原町自主防災
  会副会長・日本防災士会正会員・災害情報学会正会員・事業継続
  協会日本支部賛助会員など関連資格も多. 2004年の中越地震も
  支援した. 合氣道参段. 西宮市在住.

          《 開催要領とお申し込みについて 》
 
 ☆開催日 / A日程:5月25日(水) 1:00pm 縲怐@4:00pm 
          B日程:6月22日(水) 2:00pm 縲怐@5:00pm 

 ◇会 場 / 関西文化サロン( 大阪・梅田 阪急グランドビル19F ) 
 ◇ご参加料/ ¥8,000.竏秩i  喫茶代と消費税を含みます. )
        内容にご不満があれば理由をお尋ねせずにセミナー開催日から
        5日間以内に指定口座に参加料をお返しします.

 ◇対 象 / 経営者・総務、労務など間接部門担当の取締役・各事業所の
        責任者(オフィス・工場・店舗) マンションの管理組合理事など
        お勤めでない方で参加希望の方は事前にお申し出下さい.
        参加料、考慮します. 

 ※ 下記に必要事項をご記入の上、 takashima-358@waltz.ocn.ne.jp まで
   お申し込み下さい. 

–(ここから)-〈5/25 6/22 「 危機管理セミナー 」参加申込書 〉———-

【貴社名とURL】          http://  
【所在地】〒  
【ご参加者氏名】            
【役職】  
【ご参加者のメール・アドレス】      @  
【電話番号】 (        )          竏秩@

【 参加希望日 】 (  )5月25日 (  )6月22日 ← どちらかに◎印を

————————–(ここまでお送り下さい)———————–

〈主催・お問い合わせ先〉経営セミナーの企画と司会通算22年 
            Business Agency 「高島良雄」← 検索
 MP 090-1021-0421 Mail: takashima-358@waltz.ocn.ne.jp

開催日2011/05/25~2011/05/25
開催時間13:00
開催場所阪急梅田
参加人員10
参加費8000
感想・コメント

アーカイブ