2011/6/28 天満インキュベーション

山口泰信(たいしん)氏 ㈱山口総研 代表取締役 日本防災士会正会員*

26歳の時、阪神大震災発生の2日後に神戸市内へ.2千人がいる避難所の

公立中学で、3S活動・余震対策・夜回り警備等、復興に向けてのボランテ

ィア活動を3ヶ月間行なう.実業界復帰後も人命と企業経営の危機管理を独

自に研究、今は企業の防災危機管理の講演や指導で活躍中.西宮市伏原町自

主防災会副会長・事業継続協会日本支部賛助会員でもある.04年には中越

地震の被災地の避難所にてノウハウ伝授の支援を行なった.合氣道参段.

*セミナー内容*

*1 報道されていない被災地と避難所の現状*

① 放射能、どこまでどれ程汚染されているか 大阪の数値

② 避難所で起こっていること、求められていること

― 講師、16年前の神戸と今の宮城を知っています

秩序を守る3Sとリーダーの気構え ―

*2 3・11震災時に山形の工場にいた講師が実践したこと、工場内*

* **スタッフに指示したこと **竏鈀 経営者と事業所責任者の姿勢は重要*

① 生産工場が揺れると何がどうなるか 竏鈀 理屈ではありません.

動揺した少数のスタッフの初動を紹介.好ましくありません.

② 揺れの直後の各人の行動が決められており、周知徹底もできて

いたから、混乱がなかったそのメーカーの具体的備えをご紹介.

*3 平易に着手できる具体的なことから「構想モデル」まで *

* 竏鈀 中堅・中小企業のBCP その作成の手順と留意点*

① 社内の理解を得やすくするBCP作成のプロセス

② 安否確認のために 竏鈀 知って頂きたい無料ソフトと使い方

③ 情報の防衛 竏鈀 ITシステムバック・アップ体制と復旧訓練

④ UPS(無停電電源装置)の接続例紹介 竏鈀 具体的な可能な

限りの対策と複数の担当者が必須です.

⑤ BCP訓練 竏鈀 机上で、建屋単位で、全社で行なう訓練とは

*◎人命と企業情報を守ることがBCPの目的です.地震・雷・火災等の*

* 天変地異に備えましょう 竏鈀 早期復興と近隣への貢献のためにも***


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

森岡 浩信 morioka@b-assist.net
☆新たな投資のための財務基盤強化
株式会社ビジネスアシスト http://www.b-assist.net
☆効果的な投資への夢先案内
右腕屋株式会社 http://www.migiudeya.jp
☆マネジメントリーダー養成講座
有限責任事業組合GENKI経営支援センター
本社
大阪市淀川区西中島3-11-26新大阪末広センタービル2F
TEL06-6889-2666 FAX06-6889-2677
東京オフィス
東京都港区東新橋2-10-10東新橋ビル2F
TEL03-4590-0888 FAX03-6893-0796
福岡オフィス
福岡市西区姪浜駅南4-1-14ibbwill姪浜3F
TEL092-985-2158 FAX092-985-0616
大阪カウンセリングセンター
大阪市中央区伏見町4-4-9オーエックス淀屋橋ビル3F
TEL06-4560-1450 FAX06-6889-2677
神戸データセンター
神戸市東灘区住吉本町1-11-28日生住吉コープ6F
TEL078-891-5191 FAX078-891-5229

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

開催日2011/06/28~2011/06/28
開催時間18:30〜20:30
開催場所天満インキュベーションラボ 住所:大阪市北区天満橋3-3-5 (中西金属工業敷地内北東角に位置します) アクセス:JR環状線「天満駅」下車改札より徒歩5分 地下鉄堺筋線「扇町」下車1番出口より徒歩8
参加人員20
参加費1000
感想・コメント

アーカイブ